子育ての体験談

娘の便秘が改善!便秘解消にはアレが効果的だった!!

こんにちは。

1歳3ヶ月の娘・くるみの子育てに奮闘中のくるみママです。

1ヶ月くらい前から、うんちを出すときに大泣きをするようになったくるみ。

突然泣き出すので、最初の頃は“どこかにぶつけた?”、“何があったの?”と毎回慌てていましたが…、

今ではすっかり、「あ!うんちね~」という感じです。

うんちが硬くてかなり痛いみたいで、出すときは泣き叫びながら私かパパにしがみついてきます。

それでも1日に1回は出ているので、軽い便秘かな〜と思って様子を見てます。

なんとか、くるみの便秘を改善させてあげたいと思い、毎日行っていることがあるので紹介したいと思います!

個人差はありますが、2~3日出ていなかったり、うんちが硬くておしりが切れてしまうなど症状がひどい場合は、うんちを柔らかくする薬もあるので病院へ行った方がいいですよ!

お腹のマッサージ

お腹マッサージは、子どものおへそに手の平を当てて、そこから“の”の字を書くようにマッサージしています。

“の”の字を書くことによって腸の動きが促進されます!

こまめな水分補給

体内の水分が不足すると、うんちが硬くなってしまうので、こまめに水分補給をすることがとても大切です!

我が家では、330mlのストローマグに麦茶を入れておき、くるみが好きなときに自分で飲めるようにしています。

この方法なら、1日に飲んだ量も把握しやすいですよ!

くるみは大体、1日に3回麦茶を足しているので、990ml+別で牛乳100~150mlを飲んでいます!

便通が良くなる食材を使った食事作り

◎腸の動きを活発にして、便秘を予防してくれる効果のある食物繊維を含む食材
さつまいも、わかめ、のり、バナナ、イチゴなど

◎腸内環境を整える働きのある乳製品
ヨーグルトなど

我が家では、毎食、どれかひとつは必ず取り入れるようにしています。

1ヶ月続けてみた結果

この1ヶ月間、毎日意識して続けたところ、少しうんちが柔らかくなってきたみたいで、昨日は泣かずに出していました。

くるみの場合は、特にバナナとヨーグルトの組み合わせが効くようで、お腹が張っているタイミングで食べると1時間以内にうんちを出してくれることが多いです!

まとめ

排便時に痛くて大泣きしている子どもの姿を見るのは、ママも胸が締め付けられるくらい辛いですよね。

便秘の解消法は子どもの体質によって効果のあるものが違うので、色々と試してみて「これをやるとスムーズにうんちが出る!」、「これを食べると便秘が良くなった!」というものを見つけてあげてください。

Pocket

ABOUT ME
くみか
元保育士(幼稚園教諭免許あり)です。 現在は、保育士のときの経験や知識を生かしながら、2歳の娘・くるみの子育てに奮闘しています!