知育

娘のお気に入りの絵本②

こんにちは。

絵本が大好きな1歳4ヶ月の娘・くるみを育てているクッキーです。

今日は、くるみが今ハマっている絵本を紹介させてもらいます!

はらぺこあおむし
作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社

カラフルな色合いで、果物や葉っぱのページには穴あきのしかけがあったり、歌になっていたりと、子どもが興味を惹かれる要素がたくさんある絵本です。

また、この絵本を通して、あおむしが成長する過程や、曜日や数字を楽しく学ぶことができます!

私もこの絵本が大好きで、保育園で働いていたときもよくメロディーに合わせて歌いながら読み聞かせをしていました。

一度聞くと忘れられないリズムなので、子どもたちも暗記していて、みんなで一緒に歌いながら読んでいました。

歌は、YouTubeなどで“はらぺこあおむし”で調べるとたくさん出てきます。

私も、絵本を見なくても歌えるくらい暗記しているので、くるみが生まれたばかりの頃から寝かしつけのときや抱っこしているときによく歌っていました。

特に、くるみの場合は、寝かしつけのときに歌うとスムーズに寝てくれます。

単調なフレーズの繰り返しが多いので、催眠効果があるのかなと思います。

最近、くるみもなんとなく鼻歌で歌うようになったので「1歳児には少し早いかな~」と思いながらも絵本を買ってみました。
(出版元の偕成社では、対象年齢は4歳~と書いてあります。)

今では、私が「絵本を読もう」と言うと必ず一番最初にこの絵本を持って来るくらいハマっています。

歌に合わせて体を揺らしたり…、

仕掛けの穴に指を入れて、自分でページをめくったり…、

食べ物の絵を摘まんで「あーん」と食べるふりをしたり…、

毎回最初から最後まで楽しんで聞いています!

くるみはまだ歌が歌えないので、いつか親子で一緒に歌いながら読むことが今の私のささやかな目標です‼

Pocket

ABOUT ME
くみか
元保育士(幼稚園教諭免許あり)です。 現在は、保育士のときの経験や知識を生かしながら、2歳の娘・くるみの子育てに奮闘しています!