知育

娘のお気に入りの絵本③

こんにちは。

1歳7ヶ月の娘・くるみの子育てに奮闘中のママくみかです。

今回は、くるみが今ハマっている絵本を紹介したいと思います!

どんどこ ももんちゃん
作:とよた かずひこ
出版社:童心社

この絵本は、最初から最後まで1歳児でも理解しやすい言葉でお話が進んでいきます。

リズミカルな文章と、予想外な展開にどんどん引き込まれ、あっという間に最後まで読み終えてしまいます!

“どんどこどんどこ”

という言葉が何度も繰り返し出てくるので、読み聞かせをしているうちにくるみも言葉を覚え、今では一緒に声に出して読んでいます!

くるみは、途中の熊が出てくるシーンが大好きで、「よんでー」と絵本を持ってくるときは、必ず熊が描かれているページを開いて持ってきます!

読み終わった後は毎回、ももんちゃんが熊を投げ飛ばすシーンを真似して、家にある大きなプーさんのぬいぐるみに突進して倒しています(笑)

ももんちゃんになりきりながら絵本を読んでいるんでしょうね~。

ももんちゃんの絵はとても可愛らしく、色合いも優しく、明るく前向きな気持ちになれるストーリーなので、私自身もこの絵本に癒されています!

初めて読んだときは、何があっても一生懸命走り続けるももんちゃんの姿に「頑張れー!」と応援したくなり、最後のページではジーンと感動して、ポロっと涙が出そうになりました。

すごく温かな気持ちになる絵本です!

ももんちゃんは大人気なので、『ももんちゃん あそぼう』シリーズがたくさん出ています。

児童館など子どもが遊べる場所に行くと、ももんちゃんの絵本が置いてあるのをよく見かけるので、内容が気になる場合や、どのシリーズを買おうか迷っている時は、そういう場所で一度子どもと一緒に読んでみて反応を見てみるのもいいと思いますよ!

Pocket

ABOUT ME
くみか
元保育士(幼稚園教諭免許あり)です。 現在は、保育士のときの経験や知識を生かしながら、2歳の娘・くるみの子育てに奮闘しています!