子育ての体験談

【2歳児ママの振り返り】子育てで“懐かしい”と感じる5つのこと

こんにちは。

現在2歳7ヶ月の娘・くるみの子育てに奮闘中のママくみかです。

くるみも2歳を過ぎて、自分で靴を履けるようになったり、階段をスイスイと登れるようになったりと少しづつ手がかからなくなってきて、その成長が嬉しい反面、少しだけ寂しいと感じるようにもなりました。

そのため、最近は“赤ちゃんの頃が懐かしいな”とセンチメンタルな気分になってしまうことがあります。

今回は、これまでの子育てを振り返って“懐かしい”と感じることを紹介したいと思います。

ロンパース姿

ロンパースって赤ちゃん感があって可愛いですよね。

もうロンパースを着せることがないので、この可愛い姿がたまに懐かしくなります。

ミルクを飲む姿

我が家はミルク寄りの混合育児だったので、毎日何回もミルクを作って、哺乳瓶を何本も洗って消毒して…、とても大変でした。

でも、今になって思い出すのは、大変だったことよりも一生懸命ミルクを飲んでいるくるみの姿です。

この愛おしい姿も卒乳するまでの短い期間しか見れないので、親としてとても幸せな時間だったな~と思います。

ハイハイしている姿

ハイハイで自分で移動ができるようになると、ママの後追いをするようになりますよね。

くるみも、私が少し離れるだけでも追いかけてきていました。

当時は、一生懸命ハイハイで追いかけて来るくるみの姿があまりにも可愛くて、見るたびに胸キュンしていました!

今でも、この頃に撮っていた動画を見ては、ハイハイ期ならではの可愛さに浸っています!

抱っこ

くるみは抱っこが大好きで生後3ヶ月頃までは下に降ろすとすぐに泣いてしまっていたので、一日中抱っこしていました。

それ以降も2歳前までは抱っこじゃないと寝ない子だったので、手首が腱鞘炎になるくらい毎日何時間も抱っこしていて、「抱っこキツイ!もう無理!!」といつも思っていました。

でも、2歳を過ぎて添い寝で寝られるようになってからは、抱っこする機会がぐっと減りました。

今では、私がくるみに「抱っこさせて」とお願いしています。大体は「イヤー」と拒否されてしまうので全然抱っこできませんが…。

少し前までは、私の方が抱っこが辛いと思っていたのに、いつの間にか逆転していました…。

当時は大変だったけど、今となっては赤ちゃんのときにたくさん抱っこしておいて良かったと実感しています!

歯のない笑顔

赤ちゃん特有の歯のない笑顔、とっても可愛いですよね!

私も、この頃のくるみの笑顔が大好きで、笑うたびに写真に収めていました。

歯が生えてくるまでのたった数ヶ月限定の笑顔なので、ぜひたくさん写真に撮って残してあげてください!

まとめ

今もまだ子育て真っ最中なのに、すでに赤ちゃんの頃が懐かしく感じてしまいます。

たった1~2年前のことなのに、ふっと思い出しては“また赤ちゃんのときのくるみに会いたいな”と思ってしまうので、きっと1年後は現在のくるみの姿を懐かしく感じるんだと思います。

子どもはこんなにも短期間に猛スピードで成長しているのだと思うと、“今”を、“一日”を、“この瞬間”を忘れないように大切に過ごしたいと改めて思いました!

Pocket

ABOUT ME
くみか
元保育士(幼稚園教諭免許あり)です。 現在は、保育士のときの経験や知識を生かしながら、2歳の娘・くるみの子育てに奮闘しています!